矯正治療は、以下の流れで行います。


STEP 1 初回相談

患者様のご希望をお聞きし、お口の中を診査した後に、不正咬合を確認します。

疑問や不安な事などお気軽にお話ください。

STEP 2 精密検査

エックス線撮影、口腔内・顔面写真撮影、歯の型取り、むし歯、歯周病の検査などを行ないます。

検査結果は約1週間後にお話し致します。

STEP 3 診断説明

検査結果をもとに分析を行い、患者様に適した治療方針、装置の種類、治療費のお支払方法等について詳しい説明を致します。

STEP 4 矯正装置の装着

患者さまに適した矯正装置を装着します。装置の使用方法やお手入れについてご説明いたします。装着後は、むし歯、歯肉炎の予防の為、歯磨き指導、口腔内清掃を行います。

STEP 5 治療開始

装置装着後、月に1度ほど通院していただきます。

治療期間は歯を抜かない時と、歯を抜いて矯正治療する場合で異なりますが、平均して約2年ほど必要となります。

STEP 6 矯正装置撤去 ~保定開始~

非常に大切な保定の開始です。

「後戻り」を防ぎ、綺麗な歯並びを維持する為に保定装置(リテーナー)をお渡しします。

保定装置は、透明のマウスピースタイプと、従来のワイヤーを用いるタイプがあります。

患者様と相談の上、決定いたします。

保定期間中は、定期的に咬み合わせの状態、保定装置の適合、破損の有無を確認いたします。


矯正治療は歯ならびをきれいに揃え、口元の形を整え、虫歯や歯周病になるのを防ぎ、発音を明瞭にするとともに、食物を良くかめるようにして健康を一段と増進させようとする医療なのです。

「わたしの歯はとてもダメ!」とあきらめてしまう前に矯正専門医に相談してみましょう。成人の方も多く受けられています。年数をかけて歯を動かしていく矯正治療は多少の時間を要しますが、必ず満足していただけるでしょう。

当クリニックでは、今アメリカ、ヨーロツパの矯正歯科界で普及をみせる矯正治療方法の「 DW LINGUAL SYSTEMS 」、「 Tip-Edge PLUS テクニック 」、「 McLaughlin Bennett system 5.0 」、「 インビザライン invisalign 」を採用しています。


「マウスピース矯正・アライナー矯正」

 

インビザラインは、透明なマウスピース状の矯正装置(アライナー)を使って歯を動かす治療方です。装置が目立つことなく歯を動かせる治療方法です。取り外して洗浄、ブラッシングできるので、衛生的です。


「舌側矯正」

 

歯の裏側に矯正装置を装着します。外側から装置が歯に裏に隠れるので、装置はほとんど目立ちません。結婚式などを控えている方や管楽器を演奏される方にも向いています。また、装置が唾液にさらされやすいため虫歯になりにくいとされています。


「歯の表側からの矯正治療」

 

Dr. McLaughlin の臨床経験と研究結果に基づいて開発された最も一般的な矯正治療テクニックです。歯の表側にマルチブラケット装置を装着して歯を動かしていきます。


「歯の表側からの矯正治療」

 

Peter C Kesling により開発され、2003年にTip-Edge PLUS として改良された最新のストレートアーチ・テクニックです。歯の移動に要する矯正力が小さい為、歯に優しく、治療の初期の段階で歯列のダイナミックな変化が達成されます。